東北地方太平洋沖地震が発生、期間限定ですがこのブログを再開させ情報を発信させていただくことにしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月11日の東日本大震災から今日で1ヶ月が経ちました。

亡くなられました方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
被災されました方々が1日でも早く安心出来る生活になりますよう、
お祈りし申し上げます。


地震が発生しました時期は、確定申告期限の直前だったと言うことも
ありまして、確定申告がまだ済んでいない人や、地震で資産に損害が
生じた人が多いことと思います。

そのような方々に心強い人が手助けをしてくれます!

元国税局査察部(マルサ)出身の税理士さんが、東日本大震災の被災者を
対象としたボランティア活動として「無料ぜいきん相談室」を
本日(4月11日)オープンし、24時間365日対応で、
税務当局への無料手続きの代行を行うそうです。

詳細は下記の引用記事をご覧下さい。


*** 引用開始 ***


元マルサが支援! 東日本大震災被災者のための「無料ぜいきん相談室」
開設
J-CASTニュース4月11日(月)11時46分

東日本大震災被災者のための「無料ぜいきん相談室」

「あなたの税理士法人」(代表税理士・片 雅範)は、東日本大震災の
被災者を対象にしたボランティア活動として、タックスレスキュー
「無料ぜいきん相談室」を2011年4月11日にオープンし、24時間365日対応で、
税務当局への無料手続き代行を行う。

震災が起きた時期は、ちょうど確定申告期限(3/15)の直前だったため、
申告できなかった被災者が多数いると思われるが、「無料ぜいきん相談室」が
できたことで、申告書の作成はもちろん、期限の延長申請や、
住宅・家財・店舗などの資産に損害が生じた人々のための
税金減免申請といったものも無料でやってもらえる。

代表税理士を務める片 雅範氏は、マルサ(国税局査察部)出身で、
税務当局との交渉に特化した税理士であるのが「あなたの税理士法人」の
大きな特徴。
また、片氏は、現在、青森大学客員教授で、岩手県の中学および
青森県八戸高校の出身。
東北地方の親戚・知人が被災している状況を見て、
他の被災者にも何か役に立ちたいと考えたことが「無料ぜいきん相談室」を
開設した主な理由だという。

タックスレスキュー「無料ぜいきん相談室」の連絡先は、
フリーダイヤル0120-462-892、
メールアドレスは、kokorowa1@tax-rescue.co.jp。

<モノウォッチ>


*** 引用終了 ***


「無料ぜいきん相談室」に下記の内容が書かれていました。

・被災して申告ができない状態の方
  →申告書を作成して期限の延長申請を行います。

・申告はしたものの、住宅や家財、店舗などの資産に損害を受けた方
  →損害控除や各種特例措置を利用して税金の減免手続申請を行います。

・被災して住めなくなった住宅のローンだけが残ってしまった方
  →住宅ローン控除の適用が受けられる様な申請を行います。

・震災前に相続や贈与を行っていて被災された方
  →税額を減額できるような評価額を見直します。

・予定納税や滞納税金のある方
  →税務当局と特例措置の適用について交渉いたします。

・その他税務当局との話し合いが必要な方
  →日本で唯一の税務交渉人が税務当局と折衝・交渉を行います。


タックスレスキュー「無料ぜいきん相談室」 URL
http://kokorowa1.exblog.jp/
    (こころはひとつ)


タックスレスキュー あなたの税理士法人 HP URL
http://kowakunai.com/index.html


フリーダイヤル0120−462−892(よ ろ ず お や く に)

E-mail:kokorowa1@tax-rescue.co.jp


コメントされます方は、先にこちらをご覧下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://csmacro.blog107.fc2.com/tb.php/229-c0f06c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。