東北地方太平洋沖地震が発生、期間限定ですがこのブログを再開させ情報を発信させていただくことにしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
科学が発達していなかった時代、先人の経験等が知恵として後世に
伝えられてきました。
それが高度経済成長等により核家族化になると、知恵を授けてくれる人との
繋がりが薄れたり、『科学的根拠』の有無が問題になりましたり…

科学的根拠が無い場合、信憑性が皆無になることがほとんどですが、
先人の教えで3月11日に発生しました地震による津波から
逃げ延びた方がいらっしゃいました。

msn・産経ニュースの2011年3月16日の記事に
「「津波のときは井戸を見ろ」 先人の教えで津波避け助かる」との
見出しの記事がそれです。

以下、msn・産経ニュースの2011年3月16日の記事の抜粋です。


【東日本大震災】
「津波のときは井戸を見ろ」 先人の教えで津波避け助かる


 「津波の時は井戸に気をつけろ」。
 岩手県大槌町栄町の佐藤綾子さん(59)は二十数年前に近所の高齢者から
聞いたこんな教えを覚えていて、津波から逃げ延びた。
「昔聞いた話が本当に役に立つとは」と先人の知恵に驚いた様子だった。


 明治29年に起きた明治三陸大津波に被災した近所のお年寄りから
体験談を聞いた。
「津波の時は井戸の水が引いて、ゴボゴボという音がする。
井戸には気をつけて」と佐藤さんは振り返る。
それ以降、「津波が来そうな時はとにかく井戸を見る」と肝に銘じて
いたという。

 この知恵が今回の震災で生きた。揺れが収まった後、佐藤さんはすぐに
自宅の井戸をのぞいた。
「(井戸の水が)今まで見たことないぐらいに真っ茶色に濁っていた。
これはまずいと思って、すぐさま逃げた」

 「先人の教えは大事なんだと、今回のことで教わりました」
と笑顔を見せた。


抜粋終わり。
詳細は下記のURLをクリックしてお読み下さい。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031613200050-n1.htm

このような教えが、みんなで共有出来ればいいなと思います。
そして後世に伝えられたらと思います。


コメントされます方は、先にこちらをご覧下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://csmacro.blog107.fc2.com/tb.php/227-d071ad5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。